読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は友達が少ない

僕は友達が少ない (MF文庫J)

僕は友達が少ない (MF文庫J)

【ストーリー】中途半端に外国人の親の遺伝を受けてしまったために、見た目が不良に見えてしまう羽瀬川小鷹。彼はその外見のせいで幼いころより友達ができず、高校生になった今でも友人と呼べる存在はいなかったが、ある時『誰もいないはずの教室』で楽しそうに話す美少女・三日月夜空を目撃する。戸惑いながらも「もしかして幽霊とか見える人?」と聞く小鷹に対し、夜空は答える「友達と話していただけだ。エア友達と!」
と。
そして二人で色々考えた結果、友達づくりを目指す色々残念な部活「隣人部」ができたのであった。


「ねくろま。」など、エロ(微グロ)に定評のある平坂読先生の新作です。
ねくろま。はちょっと苦手だったのですが、前作「ラノベ部」でそれまでの印象ががらりと変わり、一気にファンになったので物凄く期待してました!


エロ過ぎないグロくない

この作者はネタのアクが強くて、合う合わないがハッキリする作品が多かったのです。
前作「ラノベ部」は比較的普通でしたけど、それ以外の作品は割とグロかったり、エロスが過剰でした。
でもそんな中に並みのラブコメを遙に凌ぐほどの実力が潜んでいるのも確か。

例えば「ラノベ部」での竹田と浅羽の微妙な距離感にヤキモキする幼馴染の関係なんかは悶絶もの!
そういった純粋に恋愛モノの才能は見え隠れしていたので今回真っ当なラブコメと聞いた時はかなり期待しましたね。


そして今作ですが、(しょっぱなでいきなり二大ヒロインがリバースしたり、友人がゼロだったり色々残念ではありますけど)期待通り普通(?)のラブコメ

見た目が不良でも中身は至って普通の高校生・羽瀬川小鷹
見た目以外は色々残念なヒロイン・三日月夜空
性格以外はパーフェクトヒロイン・柏崎星奈

の三人を中心に部室で友達を作るために色々策を巡らせるのが主なストーリー。
まあ、主に一話一題のダベリ系ラブコメなので、「生徒会の一存」とか好きな方にはストライクな雰囲気じゃないかな。

…実際にやっていたことは、友達と遊びに行くシュミレーションのためにやったギャルゲーに星奈が異常にハマったり、友達づくりの切っ掛けとして始めた某狩ゲームでヒロイン二人が殺し合ったり…。

パロネタの質も量もかなりのものですが、ヒロイン二人のダメっぷりが爆笑ものw
何気なく電車の中で読んでしまったため、ギャルゲの主人公の名前で盛大に吹きそうになるのを必死で我慢し、エロゲのテキスト音読シーンは元ネタになったブラスミも含め本当に危険でした…。


キャラが濃い!

上記二人のヒロインが

・エア友達がいる
・18禁エロゲーを愛する

とラブコメのヒロインとして、それでいいのか?と思うようなダメっぷりですが、他のキャラも負けてません。

小鷹の舎弟になった楠幸村はヤンキーに憧れる平仮名喋りの超美少ですし、妹の子鳩は邪気眼というかなりアレな設定。

でも上の二人は本来のヒロインを差し置いてサービスシーン要員として大活躍してるのでプラマイゼロかないやむしろプラスだ。


今回はほとんど登場しませんでしたが、レギュラーキャラは今後も増えるようですね。


それでも

真面目パートはギャグパートとは打って変わって魅入るくらい純粋な恋愛ものとして読めました。
あれだけギャグで笑わせておきながら、しっかり恋愛部分で心を揺さぶってくるんで何だか負けた気分です。やっぱりこの作者は侮れませんね。

徐々に距離の近づく二人のヒロインは、これからどういう選択肢を選ぶのか楽しみです。


次の巻も期待して待っています!



感想リンク

彼誰と黄昏を彷徨い揺蕩うもの

彩彩華美

ラノベ365日

いつも月夜に本と酒

今日も止めるつもりはない