読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピーチガーデン1.キスキスローテーション

感想 角川スニーカー文庫 ピーチガーデン シリアス 陽気 恋愛 青田八葉 ☆☆☆☆

【ストーリー】ちょっと頑丈な高校生・牛島隆は告白して付き合うことになってもその日のうちに振られるという経験を四回もしていた。そのあまりの不運さから、とうとう友達に教わったおまじないの方法で『恋人が欲しい!』と願ったところ、「お前の願いは聞き入れられた」と天からウサギとなのるアヤしげなちびっ子が現れた。ウサギによると隆の試したおまじないは本物で、これから『運命の恋人』が現れるらしい。
ところがその『運命の恋人』候補は、小学生のころ告白してあっさり振られたお姉さんのまかみと、やたら攻撃的(どうみてもオトコ)の転校生・犬養の二人…。
隆の運命の恋人は誰なのか?


しゅらーば

これまで彼女ができなかった主人公・隆の「恋人が欲しい」と言う願いが受け入れられ、隆の前に現れた二人の運命の恋人候補。二人の恋人候補に挟まれ、困ったような嬉しいような三角関係に…、なーんて予想をバッサリと裏切り、恋人候補のまかみと犬養は隆を巡って苛烈に争うし、隆はその二人のためにがんばって流血沙汰なちょっぴりハードなラブコメでした。


最初は「キスしまくりんぐ恋愛コメディ」というびみょーな裏表紙のあらすじに危険なオーラをビンビンに感じが…。
でも何かが私の勘に引っ掛かるので思い切って買ってみました。結果から言うと私のラブコメに対する勘もまだまだ腐ってはいないようです。

初めはその設定からイチャイチャな感じかと思ったのですが、実際のところは二人の恋人候補のピリピリした一触即発な雰囲気や、24時間以内に二人の恋人候補を選ばなくてはならないという苦悩に悩む主人公など、ラブコメだけどちょっとシリアスといった感じ。…最後は主人公血みどろですしね。
このあらすじは色々と誤解を生みそうでどうかと思うんだ…私。



運命の恋人はどっち?

この物語は隆があるおまじないをしたことから始まるワケですが、そのおまじないの設定が話の展開にアクセントを加えてくれていて面白かった!


その設定を簡単に説明すると、

  • お呪いにより、隆にとって最高の『運命の恋人』が現われる。しかしその運命の恋人は自分で見つけなければならない

  • 発願前に隆と結ばれるはずだった恋人は元の縁に戻そうとして『運命の恋人』と争う
  • 一方の恋人候補にキスをし、24時間以内もう一人の候補とキスをしなければその恋人候補を選んだことになる

  • ただし、もたもたしていると恋人候補たちはお互いを排除しようとする(最悪殺し合いまでに発展)

  • というもの。

    まかみに憧れてはいるものの、小学生の時に告白してあまりにあっさり振られたことから素直に彼女を選べないし、犬養も初めこそ攻撃的だけど、一度仲良くなってみれば可愛いところもあって気になる…。
    しかし、突発的に犬養にキスをされてしまい本来ならもっと時間が欲しいところ、残り24時間以内にどちらかを選ばなければなくてはならない展開に。


    そもそもヒロイン二人がかなり魅力があるのにどちらがメインなのかわからないので、読んでいる方としても隆がどちらを選ぶのかがとても気になるんですよね。

    まかみは隆よりも年上ということもあって女性としての魅力が全開で面倒見も良い。しかしその素顔は努力家で感情的な可愛い一面も。
    そして犬養に至っては作者を絶賛したい!最初は警戒心露わで攻撃的だけど、一回仲良くなると全力で懐いてくるという犬っぽい性格の表現力が素晴らしい!特に204Pがヤバいね!私にはイヌミミ&ぶんぶん尻尾の犬養が見えましたよ!(末期)

    こんなに素晴らしいヒロイン二人に好かれる隆ですが、彼もヒロイン二人に引けを取らない魅力の持ち主。
    確かに恋人候補の二人を選ぶことに迷ったりと優柔不断なところはあっても、二人の気持ちをくみ取って自分勝手な『逃げ』をしないところがヘタレなラブコメの主人公と違って男らしい。彼には素直に好感を持てましたよ。

    このキャラの作りは新人さんとは思えない上手さ!これからの成長に期待が高まりますね!


    一番の見どころは中盤から!

    そして一番の注目は中盤から終盤にかけてです。
    まかみと犬養が直接出会い、修羅場モード!序盤こそ二人のヒロインから愛されてニヤニヤな展開ですが、中盤から終盤にかけては一気に物語が加速!

    まかみはそれまでの『年上のお姉さん』の仮面を脱ぎ棄てて本心を打ち明け、犬養はまかみに触発されてただの『友情』から本気の『恋』に移る。そしてそんな二人に真剣に応えようとする隆。

    いやぁ〜、本来の三角関係ラブコメの面白さである『修羅場』な雰囲気が久々に味わえました。満足満足。


    総合

    随分楽しませてもらいました。☆4つ。

    ラストのオチに関しては予想はしていましたが、まさか本当にそこに落とすとは…。拍子抜けと言うか安心したというか…。いや、続きが気になるラストでしたけどね。

    十二支をモデルとしているというだけあって、これからどんどんヒロインが増えていくようですが、どうかキャラが多すぎて話が潰れるみたいなことにはならないことを祈ります…。

    ともあれ、次巻も期待しています!