読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シアター!

シアター! (メディアワークス文庫)

シアター! (メディアワークス文庫)

【ストーリー】とある小劇団「シアターフラッグ」―― ファンも多い劇団だが、現在は解散の危機が迫っていた……お金がないのだ!! その負債額300万円!劇団員も減り解散の危機に悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。兄に借金をして劇団は助かったが、司は巧たちに「二年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」という「シアターフラッグ」には厳しい条件を出す。
星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員が10名に。そこへ鉄血宰相・春川司を迎え入れ、巧は新たな「シアターフラッグ」を旗揚げるが……。果たして彼らの未来は――!?


破産寸前の劇団に鉄血宰相

前々から有川浩先生の作品が読みたかったので珍しく作者買い

あるトラブルで300万円もの負債ができてしまった「シアターフラッグ」という小劇団を舞台に、演劇の才能(とモテること)以外はヘタレな春川巧と個性豊かな団員、そして彼の兄とは思えないほどしっかりている反面、厳しい性格の司を加えて劇団復活に挑んで行く、演劇と経営を主体にした物語でした。


とりあえずツンデレ兄貴に萌えた


演劇以外がダメダメな巧に泣き付かれて「しょうがない」とか言いながらお金を出すわ、「演劇なんてやめてしまえ」と言いながら真面目に劇団の経営考えたりツンデレにも程があります!

これを読むと何となく腐女子(一発で変換されてビビった)の人たちの気持ちが少しわかるような気がします。

たくさん面白いところはあったけど、とにかくヘタレ巧とツンデレ司の兄弟が好きすぎますね。近年こんなに仲の良い兄弟はなかなかいないぜ?


司はとにかく反論出来ない正論をビシビシ言いますし弱音を言わせない鉄血宰相。でもその厳しさの裏側には確かな優しさが感じられるので厳しい態度を見ると逆にニヤけてしまいますw


巧も巧で只の甘え上手な弟がしっかり者の兄に頼るような偏った関係でなく、兄の優しさに応えるべく「劇」に真剣に取り組み始める心機一転な態度が兄弟の絆の深さを伺わせますね。


団員たちも最初こそは才能溢れる羽田千歳が入ったことによる確執だとかのイザコザがあって雰囲気最悪なのですが、司が介入してからはアットホームな…というと語弊があるのですが、軽いサークル友達という関係から「演劇」を完成させるため「劇団」という一つのチームメイトという関係に昇華されていました。


演劇や経営自体にも魅力はありますが、特にそういった甘えとは違う優しさのある人間関係は見ていて楽しかった。


経営

この「シアター!」は「狼と香辛料」とはまたちょっと違うリアルな「経営」の描写が面白かった!


残り2年のうちに借金300万円を返すために如何にして一回の公演のコストを下げるのか。その如何に一回の公演コストを下げるかの説明が、何故某クーポンマガジンは0円なのか、時間と金の関係など簡単な経済学(というより経営学)の例を用いて分かり易く紹介されているので「経営の話なんてわかんねーよ」という人も安心して楽しめます。

そもそも段々如何に一回の公演コストを下げるかという課題に挑んでいく過程が面白く感じさせる作者の腕も素晴らしいです。


総合

☆4+…いや、期待も含めて☆5つですね。

ほんの匂わせる程度ですが、恋愛方面でもとても良作でした。
司・千歳・巧・牧子・石丸の恋愛がこれからどうなるのか期待が高まります。

個人的には最後の千秋楽がああなるとは意外で驚きましたが、これから続いていくと考えれば全然オッケー。


次巻も期待しています!