読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R−15 初めまして三角関係!

感想 角川スニーカー文庫 R-15 コメディ ちょいエロ 陽気 伏見ひろゆき 藤真拓哉 ☆☆

【ストーリー】吹音への恋心を自覚しドキドキの学園生活を送ることになった、天才エロ作家の芥川丈途。そんな矢先、学園のアイドルで丈途のエロ小説のファンでもある園声謡江が、魔王(!?)に誘拐されて!?  まさかのRPG展開!?


・・・

いや、もうグダグダでした…。
何度も何度も読み途絶えて最後の方は文章がほとんど頭に入ってこなかったよ…。


丈途に明確な好意を持っていた謡江がボスの才能(?)を持つ党野総才に攫われ、姫となった彼女を助けるため、丈途(村人三)と律(賢者)、吹音(白魔導師)に加え、予報の才能を持つあたる先輩(遊び人)のパーティーメンバーでリアルRPGに挑む。とかいうカオス展開。



最近の流行りなのかRPG展開をする作品を多く見かけますし、話の筋が通った上で面白いのなら全然良いんです。


でもこれは微妙。


RPGネタを入れるにしてもテンプレート過ぎて味が無いし、いざ戦闘シーン(?)に入ってみれば取り敢えず既存のキャラ出しとけみたいな安直さが丸見え。



そして一番おかしかったのが主要キャラたち。


――律は丈途にお願いされたことは何でも従ってしまう咬ませ犬、というかパシられる二枚目的なポジションに。


――謡江は丈途への好意が異様に明確になり、以前の純情ヒロイン系の面影もない暴走キャラに。


――吹音に至っては小動物系無口ヒロインから2次元と3次元の区別が曖昧な不思議ちゃんという完全に別キャラ。



もうこのシリーズ大丈夫か!?と本気で心配になりました。やっぱり角川の編集部は新人に厳しいんでしょうか…?

ネタが切れてきたのなら無理をしないで新シリーズを考えるか、発刊を遅らせるとかしてシリーズの質を下げないようにした方がまだいいかと思うのですが…。



総合


残念ながら☆2つですね。気にいったシリーズだからまだあきらめて欲しくないと言う気持ち込でこれですので、単体だったとしたら☆1つもあり得ました。


というか、締切に追われて作者の人の苦悩する姿がありありと想像できましたよ。
一旦作者の人は時間をたっぷりもらって、何が書きたいのかもう一度考えて続きを書いて欲しいです。


厳しい感想になりましたが、次の巻で巻き返してくれることを期待しています!