読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店員さんが一つ入れ忘れたんですよ

それは姉だけ遅く帰ってきたある休日の夕食後の話でした…。






私「そうそう、今日ケーキ買って来たんだった。」



姉「マジ?どこにあんの?」



私「冷蔵庫の中に入ってるから、好きなやつ選んでいいよ」



台所へ行き、冷蔵庫を開けてケーキの箱を取り出す…かと思いきやそっと冷蔵庫を閉じる姉。




姉「…ねぇねぇ、どこにケーキあるの?」




私「えっ…?れ、冷蔵庫の中にあるじゃん。箱に四つ入ってるでしょ?父・母・姉・私で一人一つ分d…」




姉「嘘だっ!!!




私「……っ!!」




姉「…本当はケーキはあと3個あったはずだよね。どうして嘘をつくのかな、かな?」




私「う、嘘なんてついてないよ、だ、だって箱にぴったり四つ入ってるじゃん。」




姉「うん、箱にぴったり入ってるね。…じゃあ、このフォークとティーカップは何で流し台にあるのかな?このフォークとティーカップはケーキとかおやつ時にしか使わないよね?でも箱にはケーキがぴったり4つ入っていた。じゃあ何に使ったのかな?それに何で台所のゴミ箱だけ空になってるのかな?ねぇどうして?」




私「う、うわぁあぁぁあぁぁ―――――ゴキュッ」






…食べ物が絡んだ時の女の推理力を舐めてはいけない。