読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花×華

感想 電撃文庫 花×華 シリアス 恋愛 学園 岩田洋季 涼香 ☆☆☆☆

花×華 (電撃文庫)

花×華 (電撃文庫)

【ストーリー】“あなたの映像のなかで、わたしはかがやいていました。好きです”
 高校二年の春休み、園端夕の許に届いた心揺さぶるラブレター。だが、手紙に記された“はな”という女の子の心当たりは二人いた。一人は身長も低く、周囲に“華さま”と慕われている愛らしいミニチュア人形のようなお嬢様、東雲華。もう一人は、元気で運動神経もよく、どこか俊敏な小動物を思わせるポップでキュートな成宮花。その二人ともが夕と同じ映像研に入ってくるほど猛烈なアピールを繰り返す。果たしてこの手紙の主はどちらの“はな”なのか──。


最近の


ラノベは実際の内容とはちょっと違う雰囲気のあらすじが多くないですか…?必要以上に萌を意識したあらすじが増えてる気がするんですよね。
この新作も…まぁ、確かに間違ってはいないけど、徹頭徹尾イチャラブしてるような内容じゃなかったですよ。角川スニーカーの新作「A&A」もそんな感じでした。

いや、両方ともとても面白くて良い意味で裏切られたから良かったんですけどね。もう少し中身の雰囲気が伝わるあらすじにならないのかなーって思いました。

あまりにも過剰に萌を意識してるとむしろ買い手は離れたりしますからね…。是非とも編集の方たちにはそこらへんを考えてほしいです。面白かったのにあらすじがダメで買う人が少なくて続かないとか残念すぎますから。




そんな感じで、


「可愛い」「萌え」なイメージよりか「青春」「奇麗」という方が言葉の方が似合う雰囲気のラブコメ

あらすじがこれだけではあまりにアレなんで、抜けていた部分を補足すれば、

主人公の夕は父親が天才とも言われた映画監督で夕自身もそのことを誇りに思って映像研に入っていた。しかし、ある事を原因に映像に対する情熱を燻らせていた。
そんな時、自身の情熱に再び火がつくようなラブレターを貰い、指定された場所に行くと差出人である”はな”の名前を持つ二人から同時に告白を受ける。
その二人は学校でも二大アイドルと言われる程の美少女だった。

という感じになりますね。

この「主人公に再び撮影する情熱の火が点いた」の部分が大切!


序盤がそうだったんですが、もし二人のヒロインである”花”と”華”の可愛いさばかりがクローズアップされ、争うように二人から迫られて嬉しハズかしな主人公、とあらすじ通りの雰囲気のままストーリーが進んでいれば特に特徴もない萌重視のラブコメでした。初めの方は主人公が無気力な受け身姿勢だから余計にただのキャラ小説にしか思えないですしね。


ところが、


そのまま「なんだ、ハズレかな」なんて失礼にも思って読み進めていたら、いつの間にか物語が熱を持ち始めているじゃないですか。

途中から「あれ?これは面白くなってきたんじゃない?」と期待を膨らませて読み進めれば、ページを捲る程キャラたちは色んな表情を見せてくれるしストーリーも盛り上がってくるんですよ。結論として言ってしまえば、とても楽しめました。


特に夕が花と華の二人をダブルヒロインにして映画を撮ると決めてからの変わり様が素晴らしかったですね。それまでの描写は割と淡々としていて、この作品のテーマにそって言うならモノクロのような印象だったんですが、その時から急激にフルカラーになったような印象でした。一気に世界が色付く感じです。


地の文が夕の一人称視点で語られているからか、彼が変わると全体の描写も濃くなってるんですよね。そうなると当然ヒロイン二人を見る目も変わって、今まで見えなかった一面が見えてくるんです。


明るく元気な印象だった花は、実は臆病で自分を追い込み過ぎてしまうネガティブな一面が、
弱々しく人形のようだった華は、弱気になる花を叱咤し、自分自身にも厳しく律する強さが、

それぞれ見えてきます。


そうなるともうただの萌キャラだとは言わせない魅力がありますね。
ストーリーもラブコメ一直線な内容から青春の熱さと二人の少女の苦悩を中心に変わり、読みごたえも出てきます。


決定的だったのは夕が二人の”はな”のためを思って放たれた叫び。あそこの爆発力には痺れた!
もうその展開に至るまでの持ってき方も絶妙ですね。久しぶりに青春の熱さを感じました。


総合

☆5つ…にしたいところだけど、「何でそこで切るよ!?」と思わざるを得ない幕引きだったんで期待の意味を込めて☆4つ。
序盤の印象で切ってしまうには惜しい作品ですね。

凶悪な幕引きでしたが、奇麗な終わり方だったんで無理に続ける必要は無い…かなぁ。
個人的には三人の関係をハッキリさせてほしいし、サブキャラもまだまだ出足りないから続いて欲しいんですけどねー。

このままの雰囲気を保って欲しいです。




次が出るとしたら、期待しています。



感想リンク