読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅらばら!

しゅらばら! (MF文庫J)

しゅらばら! (MF文庫J)

【ストーリー】『女の子に嫌われたくない!』そんな一心で『みんなのいい人』を演じ続けてきた男子高校生・八木本一大。その結果、いい人から脱却できず、『彼女いない歴=年齢』というレッテルを貼られてしまう。しかし、そんな彼にもついに春がやって来た。「……一大くんに、お願いがあるの……彼氏になってくれる?」(byクラスメイト)「八木本様。わたくしの、恋人になってくださいっ!」(byバイトの後輩)「カズさ、あたしの彼氏になってよね」(by幼なじみ)しかも一度に3回春が来た!? でもどうやら彼女たちには事情があるようで……!? ちょっぴり「修羅場」なドタバタ系ラブコメディ開幕!! ……これって三股ですか?

修羅場って傍から見るとわくわくしちゃうよね?



主人公は悪くない…と思う

女子に好かれようと恋愛相談を受けたりアドバイスをしていたらいつのまにか『良い人』が定着して彼女ができない!という主人公・一大の下が、色々な事情により恋人(偽)を演じなくてはならなくなってしまった!×3というお話。

うん、最初買う時は物凄く地雷臭がしたんだ。昔も同じように主人公が二股をするラブコメがありましたからね。
でも今回は素直に楽しめたなぁ。
きっとその違いは主人公にあるんでしょうね。

たぶんその時も書いたと思うんですが、個人的に良質なラブコメの必須条件としてヒロインが重要なのは当たり前なんですが、何気に外せないのは主人公なんですよ。
どんなにヒロインが可愛かろうと、主人公が酷ければヒロインの魅力が半減してしまいますし、何より読んでいて面白くない。だって読み手側が主人公を好きになれなければ(魅力を感じなければ)、そんな主人公を好きになるヒロインたちのことを理解できないし、嫌いな主人公と魅力的なヒロインたちが仲良くなるのなんて嫌です。


今回の主人公の一大はちょっと決断力に欠けるところはあるかもしれませんが、彼なりの主義(女子は大切にする)を持って女の子たちの為に動いている、というところにすごく好感を持てました。そもそも彼はヒロインたちを助けるため、しかも頼まれて恋人を演じることになってしまったわけですし、本当に付き合っているわけでもないんで責めるのもちょっと違う気がしますしね。まぁ、三人同時に偽恋人役を請け負ってしまったことは、それを含めて彼の優しさと言うか優柔不断と言うかは人によると思います。


修羅場な展開ってドキドキしますよね?

よくわからないけど三人と偽とは言え恋仲になった後のあの展開はすっごいわくわくした!それぞれが彼氏(偽)の魅力を語るあたりはもうたまらんね!何このヒヤヒヤ感!

この展開は予測できたと言えば予測出来るんだけど、「やっぱりこう来たか〜!」と、それでも期待どおりになった嬉しさみたいなものが湧きでてきました。
でもバレてしまったのが一人だけというのは意外だった。てっきりこのままで行くのかと思ってましたが、なるほど。こういう展開も面白いものですね。

この巻ではぶっちゃけ修羅場はなかったけど、これからが物凄く楽しみ。



総合

☆4つ!続きが楽しみでしょうが無い!
できればこのままヒヤヒヤな展開が続きつつ、ヒロイン追加は無しで各ヒロインたちの掘り下げをしてくれれば最高ですね。

とにかく早く2巻が読みたい!
続きも期待して待っています!