読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅらばら!2

感想 MF文庫J コメディ 恋愛 学園 岸杯也 プリンプリン ☆☆☆☆

しゅらばら! 2 (MF文庫J)

しゅらばら! 2 (MF文庫J)

【ストーリー】「ニセ恋人3人の彼氏を演じ続ける」という厄介な悩みを抱える、『彼女いない歴=年齢』の高校生・八木本一大。彼は、ちょっとHな深夜アニメのヒロイン役が決まったというニセ恋人の1人・星川早少女から「えっち本が欲しい」とお願いをされる。女の子の頼みを断れない一大は、彼女(ニセだけど)のためにエ●本を買いに行くというミッションを遂行することに。しかし、●ロ本探しをしている最中、ニセ恋人の幼なじみ、ニセ恋人のバイト先の同僚とそれぞれ遭遇してしまい――!?


あぁ、どっかで見たことのある構図(※表紙絵)だと思ったら…



表紙が

ネタバレ?してるのかなぁー、なんて思うのは疑い過ぎかな?
個人的にそっちの属性は無いんですが、この話的に盛り上がりそうで楽しみです!!
あまり語っちゃうと本気でネタバレになっちゃうんでこの話題はここまでにしときましょう。


内容の方は

前回三人のヒロインの紹介が終わったこともあって、ストーリーラインが結構定まってきましたね。
相変わらず一大が三人のヒロインに対して、それぞれの関係をバレないように四苦八苦するんですが、早少女だけその関係がバレている分二人を中心に話が進んでますね。

早少女の役作りに協力するため、資料として二人でエロ本を買いに行ったり、少しずつ一大に本気で惹かれていく早少女の様子がニヤニヤを誘ってくれますが、真愛と鷹奈がちょくちょく悪いタイミングで(むしろグッドタイミングか?)現れるんで、ヒヤヒヤ感も同時に楽しませてくれます。
ベッタベタなラブコメも良いですが、こういった一筋縄ではいかないのもスリリングで楽しいですねw

やはり中心は早少女ですが、真愛と鷹奈も、それぞれバイトの同僚と幼なじみの関係として、別々の展開で盛り上げてくれます。
でも真愛さんが、どうも本気で一大を人生の墓場に引きずり込もうとしているような感じが随所に見られて笑えない…w
それにしても、鷹奈がどうにも目立たないなぁ。キャラとしては悪くないんだけど、他の二人と比べると、どうにもキャラが弱い気が…。良い子なんだけど、ヒロインが複数出るアニメに必ず一人はいる、どうしても影が薄くなっちゃうキャラっぽくて不憫…!


この関係は、

一見、一大の修羅場のように見えますが、実はこれ、早少女の方が修羅場なんじゃないかな?と思ったり。
というのも、一大は確かにヒロイン3人に挟まれて大変な状況ですが、早少女は友人二人の事情を知りながらも、平静を保って彼女らに接しなくてはならないってのは、「友人の彼氏と浮気している」という状況を隠している”修羅場”にも見えますよね。
そのことは一大にも言えることですが、早少女が本当に辛いのはさらに別の部分。他の二人が一大を本気で好きなのも知りつつ、自分も徐々に一大に惹かれていることに罪悪感を覚えて苦しんでることなんですよね。
当然一大にも隠さなければならないですし、他の二人のウソを知っているということが、より彼女の罪悪感を責め立てています。

なんだか、これからの展開は今まで以上にシリアスになりそうで面しr…心配ですね。


総合

☆4つ!
いやぁ、もうラストのあの引きは卑怯ですよ!続きが気になってしょうがない!
最後まで読んだ方は、是非表紙を見返してほしいな。たぶん、最初に書いていたことの意味を理解してもらえると思いますw最後まで読んだ後だと目のハイライトが消えているようにしか見えませんよ!

早く続きが読みたいですね。
次の巻も期待しています!