読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち3 ラブメイドですが何か?

感想 ファミ通文庫 学園 恋愛 やのゆい みやびあきの ☆☆☆☆☆

【ストーリー】命がけで仁島【にしま】さんと沢田【さわだ】の騒動にケリをつけたにもかかわらず、高柳【たかやなぎ】君の妄想少女のせいで憂鬱な春休みを過ごすあすみ。そんなところに、ユニコーンホテルに泊まったカップルの片割れ、仲居加奈【なかいかな】がやってきた。大人の階段を上っちまったと思しきリア充は、こともあろうかあすみに「綺麗になりたい!」と協力を求めてきた! けっ、利沙【りさ】にでも頼るがいいと猛るあすみだが、リサに乗せられ高柳君をふり向かせるためやるしかない!?

やっぱりあすみは良い子!


前の感想の時も

多分おんなじような事を書きましたが、ホントにあすみが良い子過ぎて泣けてくる・・・!
前回のラストで意中の高柳君に妄想少女が現れてしまい(妄想少女がいることは、その人に好きな人がいるかもしれないことに繋がるので)、大慌てのあすみでしたが、そんな深刻な悩みを抱えつつ、またも困っている友人の為に頑張るあすみはマジでイイコ!

今回も

困っている友人・加奈の為に頑張るのですが、今回は自身の悩みである「高柳君の妄想少女」も同時進行なので、ますます大変なことになっていました。
自分は高柳君の妄想少女のことでいっぱいいっぱいなのに、さらに一筋縄ではいかないどころか、本人たちにはどうしようもない加奈の悩みも解決しようとするって・・・。とっくにあすみのキャパは越えてますって・・・。

加奈の悩みの件は、単に川上(加奈の彼氏)が一人で勝手に悩んで燻っていたことが原因であって、あすみが責任を感じることではないし、彼女がやったことは正しくて十分だと思うんですよね。本来なら友達どころか、本人たちでも解決することが出来なくて当たり前の悩みですし・・・。
それでも二人がうまくいかないのは可哀想だと、必死に二人を助けようと叫んでいる姿がホントにカッコイイし、すごい。
あすみが加奈に対して言っていたことは、あすみが真剣に恋をして、悩みに悩んでいたからこそ言えたことだし、そんなあすみが言ったからこそ、二人の心を動かすことが出来たんだろうなぁ。


そんなに友人の為に頑張っているあすみですが、彼女自身の悩みは全く解決しないどころか、余計に悪化してしまうって・・・。
こんなに頑張っているあすみ自身が全く報われないのが悲しくてしょうがないです・・・。


総合

☆5つです!
もうあすみを見てると涙が止まらなくなってきました・・・。いい加減高柳君に対してイラついてきましたよ!?(逆恨み)
その高柳君も何を考えているのか全くわからないのが困ったものですね・・・。

最後の最後、まさかどん底からさらに落ちるとは思っていなかった最悪の展開・・・!
続きが気になります!!