読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三井澄花と四角い悪魔

感想 電撃文庫 分野不明 コメディ 高遠豹介 プリンプリン ☆☆☆

三井澄花と四角い悪魔 (電撃文庫)

三井澄花と四角い悪魔 (電撃文庫)

【ストーリー】「絶対返します。返しますから……」
 職ナシ金ナシ彼女ナシ、菱見勇司にあるのは借金1000万円! 多額の借金を返す当てもなく、取り立て人の前で困り果てる勇司。そんな彼の前に現れたのは「三井澄花」と名乗る謎の美女だった。
 彼女は勇司の借金をサクッと立て替え、「私の下で働きなさい」と言う。訳がわからないままトントン拍子に話は進んでいく。何故か美人の下で働きながら借金を返すことになった勇司は、仕事に就けたこともあり喜んでいたのだが……。
 その職業とは、カード会社の“借金取り立て”だった──!?


カードは恐いです…


よく、

このテーマでラノベが書けたなぁ…。基本的にクレジットカードなんて社会人にならないと持たないですし、ラノベのメイン顧客層である中〜高校生にとっては興味の対象が向かないモノでしょうし。

ですが、予想以上にちゃんとクレジットカードをテーマにしたラノベになっていました。ホントによくこのテーマでラノベが書けたなぁ、と。
しかも主人公が社会人ですからねぇ。ラブコメしようにもなかなか難しいでしょうに。

内容をザックリ説明すると、同年代の澄花に1000万円もの借金を肩代わりしてもらった主人公・勇司は、彼女の下で”借金の取り立て”の仕事をすることになる、という話。今話題になってる某ギャンブル漫画のように、命の危険を冒して借金を返していくような話でもなく、本当に普通の借金の取り立てが主人公の仕事です。

こんな話でラブコメできるの?なんて思いますが、このあたりの設定がうまーくできてまして、この作中の日本では、高校生でもカードを使える、という、何ともラブコメをやるために作ったのではなかろうかと言う設定が存在します。
まぁ、借金をタテに〜なんて話でもなく、複雑な事情で借金を返すことのできない貸借者を救っていくような話と言えば良いんでしょうかね。

実際にこんな借金の取り立て人はいねーよ!とツッコミを入れたくなることもありますが、そこらへんはラノベ補正ということで。何よりラブコメですしね!


でも

ぷれいぶっ!」の作者らしく、会話の楽しさとヒロインの可愛さは抜きんでてますねぇ。
やっぱり主に話題はクレジットカードに関することだったり、会社の業務だったりするのですが、それでもキャラクターみんなの個性が出てて良かったです。

多分、メインヒロインは澄花なんでしょうけど、織子と勇司のペアは良かったですね。
優等生然としていて、人当たりも良さそうな彼女が何故借金をしてしまったのか、ということはネタバレなので置いてといて、自らも借金をしていた身として、彼女に自分のできる最大限のサポートをする勇司は、時折未熟ながらもカッコ良かったです。
そして、他人で、しかも自分の借金によって困らせているにもかかわらず、自分を助けてくれる勇司に徐々に惹かれていく織子も可愛かったですね。自分の為に頑張ってくれている人がいて、その人に応えようと自分の殻を破ろうとする織子はかなり魅力的でした!危うくメインヒロインの座を奪ってしまうところでしたね!
彼女に関してはこれからもっと積極的にアタックして欲しいものです。


総合

う〜ん。厳し目に☆3つかな。
確かに面白い部分はすごく面白いのですが、やはりクレジットカードという生々しいテーマを扱うにしては、ちょっと雰囲気が軽すぎる気もするんですよね。早く本題に入っていたことでテンポは良かったのですが、勇司が借金によって苦しんできた過程をもっと濃密に描いていたら、あそこまで織子に対して必死に頑張っていたことに対して、もっと共感できていたと思うのですよ。
そこに付随しますが、どうしても主人公の魅力不足が目立ってしまうなぁ。

この続きもとても読みたいのですが、個人的には「ぷれいぶっ!」の続きのほうが読みたいな…。