読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅらばら!7

感想 MF文庫J シリアス 恋愛 岸杯也 プリンプリン ☆☆☆☆☆

しゅらばら! 7 (MF文庫J)

しゅらばら! 7 (MF文庫J)

【ストーリー】「ニセ恋人3人の彼氏を演じ続ける」という厄介な悩みを抱える、『彼女いない歴=年齢』の高校生・八木本一大。彼の妹・二美の来訪により、「ニセ恋人」という関係が瓦解しはじめる中、早少女と一大が「恋人」なのではないかとネットを中心に騒動が巻き起こる。それを契機に、騒ぎは一大とニセ恋人3人の関係者までをも巻き込み、当事者たちの予想を超える展開に。早少女、真愛、鷹奈の3人は、「ニセ恋人」という周囲への嘘を取り払い、胸の内に秘めた一大への正直な想いを固めていく。友情を支えとした均衡が崩れるなか、「抜け駆け禁止」の乙女の約束が、今、破られる――。


ヤバい、修羅場マジヤバい…!



微笑ましく

見ていられた修羅場は終わり、ドシリアスな修羅場が始まった…!

「今までは”修羅場”では無い、”しゅらば”だ」と言わんばかりに、これまでのヒロイン三人のやり取りが霞んで見えるほどの激動の展開に戦慄が走りました…。

前回ラストの凶悪な一件から次から次へとこれまで溜めこんだ爆弾に引火し、単なる身内問題だったニセ三股関係を一気に深刻化。それによって三人それぞれが引くに引けない状況に追い込まれて、正に開戦直前!ヒヤヒヤ感がヤバい!いやホント、笑っていられないですよこれは!?


このニセ三股関係を

度々冷戦だったり国家間の戦争に例えてきましたが、本当にそれっぽくなってきてしまいましたね…。

ニセ恋人関係を利用して外堀を埋めてしまったツケが一気に回ってきてしまい、いよいよもって後に引けない状況に追い込まれたヒロインたちの猛攻がすごい。
これまでは状況をどうにか利用して一大と本物の恋人になれれば…、と冷戦の如く水面下で動いていましたが、覚悟を決めたことで開戦に向けて着々と準備をし始めるヒロインたちがこわ…勇ましいですね!


 一方、問題の中心人物である一大はこれまでと変わらず、ヒロイン全員にとって最善の道を目指しているのが素晴らしい…。自らの損を顧みず、本心からヒロインたちのことを想って行動する姿に涙が…。かつてここまで献心的な主人公がいただろうか。しかし、一大が懸命に問題解決に向けて砕身しているにも関わらず、それがなかなか報われないのがまた悲しい…。
 何が可哀想かって、彼は問題の中心人物であるにもかかわらず、知らないところで状況が勝手に進み、彼自身に決定権が無いことですよね。既に問題が彼だけではどうしようもない程に大きくなってますし…。
これだけ頑張ってるんだから、最終的に一大には報われて欲しいなぁ…。



総合

☆5つ!
修羅場ラブコメを代表する作品となってきた気がします。いや、「俺修羅」も好きですが、こっちはマジで本格派。だってハーレムエンド推奨派の私がハーレムエンドを全く想像できないもん。ルート分岐間違えればバットエンドは絶対血みどろですよこれ。
俺修羅人気にあやかってアニメ化しないかなぁマジで。

そしてまたまた凶悪な幕引き!最も恐れていたことが遂に…!というか一大さんのライフはもう0よ!
次が気になるゥゥウ!