読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナとカオル

感想 マンガ 恋愛 青春 エロい ☆☆☆☆☆

高校のヒロイン・ナナと幼なじみの童貞・カオル。ナナへの妄想を続けるカオルの夢は、ナナにボンデージの衣装を着てもらうこと。なんて、叶うはずのない妄想に明け暮れるカオルだったが、運命のイタズラなのか、なんと目の前にはボンデージを着たナナが!! 夢!? ドッキリ!? いやいや現実(リアル)だ!! ふつふつと湧き上がるS魂……ナナとカオルの秘密の"息抜き"が始まる……!!


再開した直後の感想がエロい・・・しかもアブノーマルっぽいのはごめんなさい。
久しぶりにすごく”キタ”ので。

前々から

どんな内容なんだろ?と気になっていたから、なんとなく1巻だけ買ってみたんだ…。
読み終えた頃、俺は最新刊まで買いに本屋に走っていたんだ…!


エロい…エロいけど…!

すげぇ愛に溢れてる作品だった…!
正直、SMなんてS側がMを使って都合良く加虐心を満たすだけでしょ?みたいな
偏見を持ってました。でも全然違った。少なくとも、この作品に関しては違った。
S側のカオルのM側であるナナに対する深い想いと愛情が溢れてました。

あ、青春ものとしてもすごくよかったですよ!

話としては

趣味はSMグッズ集め。周りからはキモイ、チビだの軽蔑され、笑われる
主人公「カオル」が、絵にかいたような文武両道・容姿端麗な学園のヒロイン
で幼馴染の「ナナ」と、ちょっと特殊なトラブルから始まる”息抜き”と称した
SMプレイが二人の関係を少しずつ変えていく。

という展開です。

そんな主人公に美味しい展開が〜、と思うかもしれないですけど、
ナナは徐々にMっ気を開花させて楽しみだしますし、何よりカオルの
ナナに対する愛情がほんっとに健気!

健気という表現はちょっと変かもしれませんが、加虐心を満たす目的は
多少なりともあっても、彼なりのナナへの愛情表現が強く出てて、Mである
ナナを愉しませるために頑張ってる姿に健気さを感じました。

この二人の関係を見ると、SMが何故、ただの暴力行為ではなく愛情行為として
扱われるのかが良くわかる。これは二人の関係に理解と愛が無いと駄目ですね。


しかも

エロ抜きにしても、青春劇としてとっても面白いのがまた素晴らしい。

夢の為に優秀であろうと努力し、周囲の期待に応え続ける辛さと孤独を抱えるナナと、
そんな優秀な幼馴染との距離と自分のコンプレックスに悩みを抱えるカオル。
二人とも思春期としてまっとうな悩みを抱えていて、その悩みにすごく苦しんでいる。

その悩みを、”息抜き”を通じて少しずつ緩和させていって、お互いの絆を深めていく。
そんな(字面では)青春な関係がとても丁寧に描かれていて、そこがまた魅力的なんです。
まぁ、そこにちょっとSMという要素が加わっているのが別の魅力なんですががが。


個人的に

主人公のカオルが大好き過ぎる。
見た目は全く主人公面じゃないし、ともすればブサイクなんですし、「俺なんかが、」が
口癖な程に卑屈なんだけど、ナナに対する尊敬の念とか想いの純粋さとか、
”息抜き”に対しても、ナナのためなら努力を惜しまない程、実はかなりの努力家である
ところが特に好き。
カッコイイ部分もいっぱいありますが、等身大な思春期男子な部分もあるし、情けない部分
も多くて人間臭いんですけど、それがまた魅力的なんですよね。


総合

久々に漫画では大当たりを引きました。☆5つ。
下手な青春劇よか断然共感できるし、キャラクターも魅力的。しかもエロい。
11巻のナナの独白と”泣き”には涙線が緩みました…。ほんっとこの二人大好きだ。
おおっぴらに薦めるのは難しい作品ですが、中身は愛に溢れる傑作です。
気になったらこそっと買ってみてください。