読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありすさんと正義くんは無関係ですか?

感想 HJ文庫 学園 恋愛 わかつきひかる ☆☆☆

ありすさんと正義くんは無関係ですか? (HJ文庫)

ありすさんと正義くんは無関係ですか? (HJ文庫)

【ストーリー】鈴木正義くん(16)は、本人の外見とある噂のせいで怖がられ、交友関係が残念レベルな少年。この間も、電車で助けたクラスメイトの女の子に泣かれちゃう始末でした。ところが、そこで泣いちゃった少女=校倉ありすさんは、その事件をきっかけに、正義くんの不思議に気がつき始めるのです


不思議ちゃん…か…。


ある意味

ライトノベルとしては異色…というか変わり種な話だったなぁ。
今まで数あるライトノベルを読んできたけど、ここまで普通な話は読んだことがないかも。

まず、特殊な設定なんてまったくない。
登場人物はなんの特殊能力は持ってないし、舞台も千葉の片隅という至って普通の世界。

そんでもって
何かしら事件が起こるわけでもないし、劇的な恋愛というのもありません。


じゃあつまらないの?と聞かれれば、そんなことはない。

確かに特別なことはありませんが、すごく真っ当な青春小説です。

冴えない&あまり社交的でない性格+ある噂のせいで周囲の人から一歩距離を置かれている鈴木正義くんと、
パニックに陥りやすい性格なのと、色々と普通の人とはズレているせいで不思議ちゃんと呼ばれる校倉ありすさん。

ある事件をきっかけに、話をしたこともなかった二人に関係が生まれ、少しずつお互いを理解しあって仲を深めていく、王道展開だけどシンプルで、逆にそこが魅力でした。


正直、ありすさんの様な傍から見ただけではぶりっ子に見える子は苦手な部類なんですが、変だとは分かっているんだけどどうしても変わった行動をとってしまったり、集中しすぎて周りが見えなくなって空気が読めなかったりと、そういった悩みにすごく共感できて彼女には思いっきり感情移入しちゃいました。

意識してそういうキャラを作ってる人もいるかもしれないけど、素でそういうキャラになっちゃう人もいるんだよ!

そんな彼女が周囲から誤解されながらも自分なりの信条を持って行動している正義くんに惹かれていき、彼みたいに堂々と行動出来るように自分も変わろう、と頑張るところは良かった。
ただ正義くんはありすさんとは別の意味で空気読めないなぁ…w女子に対してぶっきらぼう過ぎやしませんかね。


総合

☆3つかな。でも決して面白くないというわけではないです。
大きな出来事は起きない代わりに普通の青春物語として、とても良い作品でした。
個人的にはもっと委員長さんを前面に出しても面白かったかなぁ、と思うんですけどね。これだけだとただのヒロインへの咬ませ犬的なポジションにしかならなくて勿体ない。

続きがどうなるかは全く分かりませんが、ここで完結しても綺麗なんじゃないかなぁ、と思います。
でも、2巻が出るのでしたら期待しています!


追記:地元民としては嬉しいことに、「俺妹」といい、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」といい、最近千葉が舞台のラノベが増えているような気がする。