読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりの彼女は神なのです。2

感想 HJ文庫 アクション 妖怪/神様 魔法/神秘 すえしばけん みえはる ☆☆☆

ひきこもりの彼女は神なのです。2 (HJ文庫)

ひきこもりの彼女は神なのです。2 (HJ文庫)

【ストーリー】その住人のほとんどが神様という特殊な学生寮で暮らし始めた名塚天人。街の治安維持組織でもある寮の仕事として、魔術騒動の調査を任された天人は、意外にも同行を申し出た亜夜花とともに外出する。そしてなぜか《紫電の堕天使》牙龍院煌夜という痛いヒーローを名乗ることに!? それは戦神・柚原万那の作戦? 悪ノリ? 奇妙な調査の行方はいかに!?


やっぱり可愛いよウルリカ!


表紙をめくったら

全裸の幼女(イヌミミ付き)に主人公が押し倒されているカラーイラストだと…。
前作のスクランブルウィザードと言い、まさかこの作者さんはロリ属性なのか…?


とまぁ、危険な香りのするスタートではありましたが、内容の方は前回よりも随分雰囲気が変わりましたね。
どシリアスからちょいシリアスくらいにマイルドになっていました。

今回起こる異能に纏わる事件もそこまで危険度は高そうではなかったし、実際その解決の手段が思いっきりコメディに走っていたんで正直拍子抜けかな〜と思ってました。まぁその代わり天人は前回の事件を経てちゃんと成長しているようでしたし、亜夜花との距離も随分近づいてたんでキャラの掘り下げという意味では良かったかな。

が、中盤からいきなり急展開。まさかこれまでの話の流れをぶっちぎってくるとは予想しませんでしたよ…。

というか、正直この展開はどうかな〜と思ったり。
前半までの事件がまるで必要無いような気がするんですよね…。仮に前半の事件をA、後半の事件をBとしたら、AとBはそんなに関係性がないんで、それぞれもっと構想を練ればそれぞれ一つの話としてAとBの2冊にできたんじゃないかな…。
Bはやたらと展開が早かったし、事件の首謀者はもっと温めておいて後に重要なキャラとして登場させた方がおいしい展開になったんじゃないかなぁ…。すごくおいしいポジションなのに扱いが軽くて勿体ない!


総合

う〜ん…。おしいけど☆3つかなぁ。
前巻よりもコメディパートが多いのは個人的に嬉しいのですが、その分シリアスパートが短く展開が早過ぎて軽くて雑な印象を受けました。この作者さんには珍しく主人公が血まみれになりませんでしたし。

あと亜夜花や梨玖などのヒロインたちとの距離がいきなり近くなってませんかね?デレるのにはちょっと早いでしょう!もっと焦らしましょうよ!その方がデレた時の破壊力が増すんですから!あともっとウルリカとの絡みを!
あぁ、でも千那さんのバーサーカー化は良かったですよ。ああ言った展開も大好きですから。

次巻も期待しています!