読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイツ&マジック1

 

 

ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)

ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)

 

 

極度の「メカオタク」だった一人の日本人が、異世界で『エルネスティ・エチェバルリア(エル)』として転生した。その生まれ変わった世界に存在する巨大な人型兵器「幻晶騎士」と出会ったエル。彼は狂喜乱舞しながら、その操縦者となるべく行動を開始する。この世界での幼馴染を巻き込みつつ、メカオタクとして思う存分本物のロボットを操る! 小説投稿サイト「小説家になろう」で大人気のロボットファンタジーがついに書籍化。

 

ロボは男のロマン…!

 

ファンタジー異世界転生モノだけどロボモノという珍しい組み合わせ。

主人公エルのロボに対する異常なまでの情熱がすごいのなんの。

転生前がIT関連の職業についていた結果ある程度応用が利くとはいえ、転生後に一目見た巨大人型ロボを目の前にしてから、ロボに乗りたい一心で魔法は飛び級の勢いで勉強するわ年齢に似付かわしくない実力が付くまでトレーニングをするわ…。

エルのロボに対する情熱と一心不乱さが、悪く言ってしまうと良く見る異世界転生モノ

とは違う部分かなー。

 

上でも書いたとおりストーリー自体は本当に王道で、世界観も所謂マブラヴとかの人類対異生物、目新しさというものはこれといって無く、個人的には学園生活辺りもちょっと退屈。ですが、エルがどさくさに紛れてロボに乗ってから一気に面白い!

それまで割と冷静沈着なエルがロボに乗ってテンションMAX。その興奮具合とか、ロボ好きであれば誰しも共感するエルのロボ観がこの作品の魅力なのかな。

 

 

おそらく、なろう系なので1巻は本当に序章ということもあって世界観や登場人物の説明に多くページを割かれているので、ちょっと退屈かもしれません。

ですが後半の感じからすると2巻以降からドンドン面白くなっていきそうな香りがしますね。

早めに2巻買って読むとします。