読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺を好きなのはお前だけかよ

 

俺を好きなのはお前だけかよ (電撃文庫)
 

 

ここで質問。もし、気になる子からデートに誘われたらどうする? しかもお相手は一人じゃない。クール系美人・コスモス先輩と可愛い系幼馴染み・ひまわりという二大美少女!! 意気揚々と待ち合わせ場所に向かうよね。そして告げられた『想い』とは! ……親友との『恋愛相談』かぁハハハ。
……やめだ! やめやめ! 『鈍感系無害キャラ』という偽りの姿から、つい本来の俺に戻ったね。でもここで俺は腐ったりなんかしない。なぜなら、恋愛相談に真摯に向き合い二人の信頼を勝ち取れば、俺のことを好きになってくれるかもしれないからな! ん? 誰が小物感ハンパないって?
そんな俺の哀しい孤軍奮闘っぷりを、傍で見つめる少女がいた。パンジーこと三色院菫子。三つ編みメガネな陰気なヤツ。まぁなんというか、俺はコイツが嫌いです。だって俺にだけ超毒舌で、いつも俺を困らせて楽しんでいるからね。だから、コイツとは関わりたくないってわけ。
なのに……俺を好きなのはお前だけかよ

 

これすごいわ…

 

拗らせ系なふつーのラブコメかと思ってたけど、こりゃ金賞も納得ですわ。

序盤、中盤、後半ごとに雰囲気、キャラの印象がゴロっと変わる。

良い意味で騙された。こいつわヤベェ。

出来ることなら頭を真っ新にして読み始めることを推奨。

 

 

「ヒロイン(?)二人、別ベクトルの属性で結構イイやん?けど主人公がイケ好かねぇー!」と思ってたら

「主人公、案外良いヤツやん、そんでもってヒロイン二人クソだわ…。」ってなって

「親友…キサマ…。」になって最後は

「ファッ!?真ヒロイン、お、お前ッ!?」

以上、個人的ストーリー展開の反応。

いや何言ってんのかと思われるかもしれないけど、ラブコメとは思えないジェットコースター展開でびっくり。

最後まで読んで思い返すと、自分が如何に作者の思惑に良い様に手玉に取られて振り回されてしまったのかがわかる…。くやしいっ!でも面白いっ!(ビクンビクン!)

 

そう、ラブコメなんだけど起承転結キッチリでどんでん返しがあったりとか、ラブコメぽくない展開の仕方なのよ。

しかもそれが合わないどころかバッチリあってて、読了感が「すごい・・・(小並感)」しか出てこんかったわ。

 

まさか推理モノでいう犯行の解説パートがあるとは思いもよらなんだ…。

 

内容について書くとどうしてもチープに感じる…。

公式あらすじの通りと言えばそうなんだけど、それを劇的に魅せる作者の技量よ…。

変化球に見えて割と抑える部分は王道で絞める、ホントにすごい面白かった…。

 

 

艦隊これくしょんー艦これー陽炎、抜錨します!

 

 

 

 

 

横須賀鎮守府に着任した艦娘の陽炎。
陽炎型のネームシップとして勢い込んで訓練に励もうとする彼女だったがどうもうまくいかない。
実は、共に艦隊を組むことになった潮、霰、皐月、長月、曙も
それぞれの理由から他の艦隊に加わることができず、あぶれた艦娘たちだった!
そんな艦隊に、着任が遅れ最後に加わる羽目になってしまった陽炎の、波乱に満ちた横鎮生活が今はじまる――。

 

元ゲームを知らない人にこそ読んでほしいシリーズ

 

読んでから大分時間たつけど急に感想を書きたくなった。

そして

 

何故このシリーズをアニメ化しなかったし…。

 

ゲームのノベライズは正直忌避してるとこがあって嫁艦の叢雲が

出るって聞いてからシリーズ買ったんですけど、思ってた以上に

ガチの戦記モノ、若しくはミリタリで面白かった…。

 

表題にも書いた通り、原作ゲームやってない人にこそ読んでほしい。

というのも、艦これは設定が薄いが故に他の艦これ小説とも解釈が違うんで、原作ゲームとの折り合いが難しいんですが、その中でも特にこの「陽炎、抜錨します」はとても自然。以下、今シリーズの設定解釈。

・艦娘は元人間。志願して艦娘になるため艦名の他に本名がある。

・艤装がある種のパワードスーツ的な役割。

・かなりバイオレンス&シリアス。

・訓練がガチ。

神通さん「お魚にご飯あげるのが終わったら、また始めますよ」(にっこり)

※訓練が厳し過ぎてリバースしている陽炎たちを前にして放ったセリフ

・キャラクターたちがガチ。

不知火「これは駆逐艦(おんな)と駆逐艦(おんな)の勝負です。手出しは無用」

 独自設定と世界観なので、キャッキャウフフを期待してると痛い目をみますが

完成度は艦これ小説の中でも随一じゃないかな。

完成度が高いからこそ、原作を知らなくても楽しめるし、純粋に一つの作品として面白いのでオススメ。

 

いやほんとに面白い。

主人公たちは駆逐艦、一番死に近い最前線で戦うため緊迫感が凄い。

単騎では弱くても、戦術と仲間との連携でどうにかしていく展開は

熱いし、合間にある軍隊の日常(訓練)はキャラ同士のやりとりが

面白い。

なんで全員女なのに陽炎のハーレムが増えていくんですかねぇ…。

キマシタワーが乱立してて既読者からは陽炎が女誑しとか言われるし。

まぁ、ツンデレに元気っ娘、クーデレに虚勢っ娘と大体のヒロイン属性持ちを

落としてるからしかたない。

 

そして最終巻の整列シーンがマジで泣ける…。よく原作ゲームのノベライズで

ここまで完成度の高い作品を描けるなぁ…。

☆5つ。マジで面白い。

艦これ知らなくても楽しめるって何気にすごい。

ぶっちゃけ築地先生の作品って苦手だったんですが

この作品で随分見方が変わりました。

我が嫁艦、叢雲の古女房感が素晴らしい…。それだけでも買った価値はあった。

 

姉なるもの

 

姉なるもの1 (電撃コミックスNEXT)

姉なるもの1 (電撃コミックスNEXT)

 

 

両親を事故で失い、

親戚の家を転々とする孤独な少年・夕。

彼の前にある日突然、異形の美女が現れる。

「大事なものと引き換えに

望むままを与えましょう」 

そう言う彼女に夕は、

姉になって欲しいと願うのだがーー。

 

おねショタ、イイ…。

 

ある理由から孤独な少年、夕が偶然「千の仔孕む森の黒山羊」を自称するクトゥルフ的(?)神様に出会い、契約で姉になってもらう話。

 

サイコホラー的なものかと思ったら超良質のおねショタやんけ…。クトゥルフ系と聞いてたから、てっきりSAN値直葬なおどろおどろしいものかと思ってましたわ。

 

(邪)神というだけあって人の常識が無くてズレてる千夜(姉)だけど

夕に花を貰って嬉しがったり、畦に落ちてドロドロの夕を本気で心配したりと

何気ないやりとりに一喜一憂、表情がコロコロ変わるのがまるでホンモノの

少女のようでカワイイ。

 

夕のことを本気で可愛がってるけど、やはりその本性が邪神だけあって

少しゾクゾクするんですが、大体その展開がエロい。

クトゥルフのお約束(?)の触手で耳かきとかすげぇ発想だと思いました。えろーい!

 

少しゾクゾクするけど、それすらおねショタへ組み込む素晴らしい作品でした。

コズミックホラーを内包するおねショタ…おねショタがゲシュタルト崩壊する…。

 

あ、一応コミックス買わなくてもツイッター上で全話無料で読めるんで

ちょっと読んでみて気に入ったら購入するのもアリかと。

 

https://twitter.com/anenarumono?lang=ja

 

 

 

狼と羊皮紙

 

  聖職者になる夢を志す青年コルは、恩人のロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』を旅立つ。ウィンフィール王国の王子に誘われ、教会の不正を正す手伝いをするのだ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を有した美しい娘ミューリが潜んでおり――?
 かつて賢狼ホロと行商人ロレンスの旅路に付き添った放浪少年コルは青年となり、二人の娘ミューリと兄妹のように暮らしていた。だがお転婆なミューリはコルの旅立ちに反対し、こっそり荷物に紛れ込み家出を企てたのだ。
 『狼』と『羊皮紙』。いつの日にか世界を変える、二人の旅が幕を開ける!

 

あぁ^~ケモナー歓喜なんじゃー!

 

狼と香辛料」のホロとロレンスの娘ミューリとコルが主人公の新シリーズ。

前作主人公の子供が新主人公ってのが結構好きな自分としては待望の続編。

 

先に結論言っちゃうと、『羊皮紙』も面白いけど『香辛料』が面白すぎた…。

 

作中でもミューリに言われてますけど、権謀術数をめぐらす腹黒い化け物が渦巻く世界で、良い意味でも悪い意味でも純粋なコルがやっていけるのか、ぶっちゃけとても心配…。

でもロレンスとは毛色は違えども、支倉作品らしく、コルはちゃんと夢を追いかける主人公でした。

そして、ロレンスとホロの娘にして今作ヒロインのミューリ。ホロが文字通り老成した賢狼に対して、ミューリはお転婆な子犬な可愛さ。いやぁ、かわいいですわぁ…。

コルに対する好意を隠さない、コロコロ変わる明るい表情など、母親のホロとはまた違った可愛さがとてもイイ!

 

コルとミューリの、恋人には見えないけど仲の良い兄妹感は読んでいてほっこりします。

 

前シリーズ同様、自分たちの知らない所でことが密かに進み、それに巻き込まれつつも、最後に逆転の一手を打つ、という展開は同じなんですが、ロレンスとホロのやりとりとか、謀略を知っているとどうしても物足りなさを感じてしまう…。

コルとミューリの若さは良く言えば初々しさを感じるのですが、悪く言えば未熟なんですよね。

『香辛料』で感じた、一介の行商人が商会同士の抗争や教会という大きな勢力を倒す、ジャイアントキリングが今回は薄い。

というのも、やっぱりロレンスとコルの経験値の差が大きいのかなぁ…。

 

ちょっとネガティブな感想だったけど、面白いことは間違いない。☆4つですね。

登場人物の経験の差的にも、比べてしまうのは酷かもしれません。

『香辛料』と全くの別物として見るのは難しいかもしれませんが、前作を知らないor別物として『羊皮紙』を見れば十分面白いと思います。

 

 

 

 

 

IT's MY LIFE

 

IT’S MY LIFE(1) (裏少年サンデーコミックス)

IT’S MY LIFE(1) (裏少年サンデーコミックス)

 

 

 

IT’S MY LIFE(7) (裏少年サンデーコミックス)

IT’S MY LIFE(7) (裏少年サンデーコミックス)

 

 

築五百年のマイホーム、初めてのお客さんは魔法少女でした。

念願のマイホームを構え、早期退職した元・帝国騎士隊長アストラ(35歳)。

引っ越し初日に彼の家に迷い込んできた魔法少女ノア(8歳)。

年の差コンビのドタバタアットホームファンタジー、始まります。

 

表紙見て即買い余裕でした。と思うくらい素敵な表紙・・・。ラノベの表紙も描いて欲しい。

 

パッと見、のほほんファンタジーかと思うじゃろ?

残念!ギャグ漫画でした!

 

イカれた登場人物を紹介するぜ!

 

夢のマイホーム資金が溜まったから、出世街道を惜しみなくリタイアする、おうち大好きおじさんアストラ!

 

「可哀相に。口を塞いでしまえばもう得意の呪文も唱えられんなあ。(暗黒微笑)」

 

最初はトラブルメーカーなヒロインなハズが、回を増すごとにツッコミ役とマスコット化が止まらない桃髪銀眼幼女、ノア!

 

「わたし、ノアっていいます!アストラ様のこれです!」 

 

アストラの幼馴染にしてライバル・・・がいつの間にかヤンデレホモ化してたアストラ大好きおじさん、カイアス!

 

「今度からお前のこと『アニキ♡』って呼んでもいい…?」

 

と、その他にも個性豊かなメンツが勢ぞろい!

イツマイメンバーズ!

 

まったく表紙から想像できない内容で当初こそ驚きましたが、読み進めるとこれが面白い。

 

一応メインストーリー的にはシリアスな内容なのですが、基本、インテリア作ってたり、トラブル起きてたり、シリアス:ギャグが1:9な内容だから安心して読めるね!

 

でもそのシリアスがまーた良いんだわ…。

個人的には5巻のカイくんとエリーゼの話がとても好き。そしてゴアゴアの話は卑怯。

ギャグかと思ったら良い話がちょくちょく出てくるんで飽きないで一気最新刊まで読んでしまった・・・。

 

全然詳しい感想描けてねぇ!☆4つ!

ストーリーもだけど、キャラの魅力がとても溢れてる良作。

カラーイラストとモノクロで結構印象が違いますが、どちらも味があってイイ!

あ、獣人もいっぱい出てくるんでケモナーのフレンズたちにもオススメですよ。

 

 

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

 

 

アルザーノ帝国魔術学院非常勤講師・グレン=レーダスは、自習→居眠りの常習犯。まともに教壇に立ったと思いきや、黒板に教科書を釘で打ち付けたりと、生徒もあきれるロクでなし。そんなグレンに本気でキレた生徒、“教師泣かせ”のシスティーナ=フィーベルから決闘を申し込まれるも―結果は大差でグレンが敗北という残念な幕切れで…。しかし、学院を襲う未曾有のテロ事件に生徒たちが巻き込まれた時、「俺の生徒に手ぇ出してんじゃねえよ」グレンの本領が発揮される!第26回ファンタジア大賞“大賞”受賞の超破天荒新世代学園アクションファンタジー!

 

あとがきの完全金属騒動で持ってかれた・・・。

 

1巻出た直後、あらすじ読んで「う~ん微妙!」と思って手を出さなかったらいつの間にかアニメ化やらが決まったりと人気作になってて驚いた。

そんでもってがれさんも中々好評だったもんで、がれさんも言うならいっちょ読んでみっか!と1巻を買い、朝食食べながら読了。そして本屋に戻り2,3巻を買ったのが本日。

・・・あらすじから予想してたよりも面白いじゃない!

 

最初にあらすじ読んだときは、まーた”無気力だけど実は隠れた実力があってピンチの時に大活躍”という一時期HJ文庫やらMF文庫Jやら角川スニーカー文庫で流行った量産型かぁ、と忌避してたんですが、ホント、予想より面白かった。

 

確かにストーリー自体はテンプレに近いものでしたが、それでも面白いと感じさせるモノがありました。

 

そんでもって何が面白かったのかというと、テンプレートに近いストーリーの中でもちゃんとこの作品の持ち味が感じられたところですね。

 

魔法バトルモノのお約束通りこの作品も魔術に関する設定があるんですが、主人公グレンが講師ということもあって、その説明が授業シーンでキャラを交えながら進んでいくのがとてもよかった。多少適当な部分はありますけど、地の文でダラダラ解説されず、ちゃんと”お話”として読めました。

 あと何気に、生徒たちに軽視されがちな汎用魔術を先人たちが研究し尽くして改良の余地のない完成された魔術だと言う部分とか、”術”と付くものは人に恩恵を与えるが魔術は魔術士にしか恩恵を与えない人殺しの道具だとか、グレンの魔術観も独特で面白い。

たぶん、大筋のストーリーは読めるのに、こういった細かいところで予想のつかないのがこの作品の大きな魅力なんじゃないかな。

 

キャラクター同士のやり取りについても、ヒロインの白猫(名前思い出せん…)はテンプレツンデレ臭がするかと思いきや中々良いキャラでした。

板書書き写し終わる前に消されるシーンとか、ピンチのシーンとか、何ですかね、こう、S心をくすぐられる何かが彼女にはありますよ・・・。いぢめたくなるキャラは久々ですわ…。

もう一人のルミアも中々いいんですが、個人的にはセリカさんがお気に。母親ポジですが、私的には仲のいい姉ポジに見えるのですよ。

本人がいないところで幼少期のグレンをベタ褒めだったり親バカ(姉バカ?)なところが姉派な私にはドストライク。

??「バブみを感じてオギャる…。最高に尊い…!」

時代は姉萌えだよ兄貴!

 

ということで☆4つ。

面白かったけど感想書くのむずいな!(誉め言葉)

ストーリーはド安定の王道ですが、光る部分が随所にあって面白かった!

現在、2巻読書中ですがやはり面白い。

 

感想リンク

Galleの本棚 羊太郎 『ロクでなし魔術講師と禁忌教典シリーズ(6巻まで)』 読了

 

異世界ですが魔物栽培しています。

 

異世界ですが魔物栽培しています。 (ファミ通文庫)

異世界ですが魔物栽培しています。 (ファミ通文庫)

 

 

宅急便で植物図鑑を受け取ったキョウが、部屋に戻るとそこは異世界でした。

チート能力もなく食べるものに困った彼がそこでとった最終手段は、魔物を栽培して食べること!そして、すくすく育ったジャック・オー・ランタンには守ると宣言され、稀少なマンドラゴラには懐かれてワイバーンの孵化にも成功。

いつしか周囲が魔物で溢れかえったキョウは、世界を救った勇者にも狙われるようになってしまい…!?

世界を揺るがす波乱の異世界ファンタジー!!

 

料理は素材×調理だよ兄貴!

 

異世界転移したけど兎にも角にも自給自足だ!

奇妙な植物(魔物)を育てて食べて可愛がる農業ファンタジーライフ

 

料理は素材×調理。これをホントに言いたい。

この作品、素材に関してはとてもとても良いと思うんです。

主人公キョウが転移した世界では、野菜はモンスターであり、狩って手に入れるものであり、人間が栽培することはできない。ところがキョウにはそれが出来てしまい、農業で文字通り食っていく。

育てていく植物(魔物)の中には人間とコミュニケーションとれる魔物もいて、キョウはジャック・オー・ランタンやマンドラゴラ、蚕のモンスター(?)と打ち解けて一緒に生活する。さらには植物だけでなくワイバーンバジリスクなどもペットや家畜として飼い始め、キョウの家族はどんどん増えていく。

 

発想はとても面白い・・・っが!調理がダメ!せっかくの農業ライフなのに、肝心の農作業の描写が耕して肥料と水撒くだけ…!圧倒的描写不足!

しかもしかも、野菜(モンスター)を使った料理も結局料理描写は殆ど無いし、食事シーンや料理の味の解説も薄い…!

 

なぜそこを省いた…!?そこが作品の持ち味で魅せ場でしょうに…。

 

途中、マンドラゴラは中々芽が出ず、育てるのにとても手がかかった!でもその分愛着もすごく湧いている!と言っているんですが、そこ!そこが読みたいんですよ!

芽が出るのが遅くて一時期失敗したかと諦めかけた、いろんな肥料を試したりして、成熟したときはマジで嬉しかった!・・・その部分をもっと読みたいんです。そうすればもっとマンドラゴラ(ドラちゃん)にも愛着が湧くし、主人公に感情移入できるのに…。

イラストからは圧倒的なマスコット感を出している蚕モンスターのカイコロモチや、ワイバーン、そして途中から加わるミナやフィティスも、居るんだかいないんだかわからない位、話に加わってこないし掘り下げも少ないからなぁ。

 

でも世界観とかモンスターの設定やらは擁護とかではなく本当に面白いんです。

ただ、それだけに描写不足やストーリー展開の早さが残念。

正直、力の入れどころを定めてじっくり細かくやればかなり面白い作品になったと思う。描写不足もですが、元のストーリーラインが決まっているとはいえ、この1巻で4冊くらい話が作れそうなほど展開が早いのがなぁ。

 

素材はイイ、ただ調理がもっと上手ければと思わざるを得ない作品でした。