幼なじみが絶対に負けないラブコメ

 

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

 

 幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。
……でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる! 普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺にだけ笑顔で会話してくれるんだぜ! これもう完全に脈アリでしょ! 
ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!? 俺の初恋だったのに……。失意に沈む俺に黒羽が囁く――そんなに辛いなら、復讐しよう? 最高の復讐をしてあげようよ――と。

 

言ったじゃん!幼なじみ絶対負けないって言ったじゃん!

 

なんでや!なんで幼馴染が負けフラグなんやねん…!

幼馴染スキー子爵なので幼馴染ヒロインが負け続ける近年のラブコメに悲しみを抱いていたシータです。

ということで完全にタイトル買いの結果が冒頭です。いや…負けてはいないけど負けじゃん!ある意味どんでん返しなオチが大変面白かった。

「はぁ~そういうオチかぁ(納得)」と想定外のラストが全て持って行った感。

初恋の人に振られたから最高の復讐をしよう!初志貫徹っぷりが徹底してる。

 

主人公もヒロイン二人もみんな揃って青春バカ!

でもそこが見ていて楽しいね!

誰もが悩んで迷って暴走して迷走しているとことか最高に青春してる。腹黒いとことか嫉妬とかいろいろ黒い感情もあるんだけど、変に達観したりシリアスにならないので安心。

まぁ、今後の展開的にギスりそうな気配はあるけどそれはそれで美味しく頂けそうなのでそれもアリ。個人的にはクロとシロにはもっとぶつかっていってほしいことろ。

この手の三角関係ものは主人公次第で大きく変わるところだけど、ちゃんと主人公も葛藤と悩み、成長がみられたのが何より。途中シロに勢いで落とされそうになったのも思春期の男の子らしくて好きだな!というか性欲あんのか!?という男主人公よりもよっぽど説得力あるわ。

個人的にはクロ推し。

余裕ぶってて攻められると弱かったりお姉さん属性持ちとかストライクですわ。

そんでもって結構良い方向にも悪い方向にも感情に素直なのが良かった。シロに対して敵愾心バリバリだったりするとことかよいぞ…!

シロも良い感じなんだけど、もっと強く出てきて欲しいところ。

修羅場スキー侯爵なワシはこの二人にはもっとドロドロの泥沼に浸かっていってほしい…。

 

☆4つかな。

タイトルが見事にミスリードというか、単純にラブコメ抜いても話として面白かった。ラストのラスト、追加ヒロインっぽいのが出てきましたが今後どうなるのか…。

 

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

 

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)

 

 

藤宮周の住むマンションの隣には、学校で一番の美少女・椎名真昼が住んでいる。特に関わり合いのなかった二人だが、雨の中ずぶ濡れになった彼女に傘を貸したことから、不思議な交流が始まった。
自堕落な一人暮らしを送る周を見かねて、食事をつくり、部屋を掃除し、なにかと世話を焼く真昼。
家族の繋がりに飢え、次第に心を開いて甘えるようになる真昼と、彼女からの好意に自信を持ちきれない周。素直でないながらも二人は少しずつ距離を縮めていく……

 

 

L´ཀ`)<お、おさとう…。

 

もう…なにこの多幸感。

肉体的な接触はそんなにないのに精神的な距離の取り方が抜群に魅力的。

「相手が好きでドキドキする」って段階ではなく

「こいつと一緒に居るとなんか安心するな」という

明確な好意の前段階の希少な感覚を見せつけられてる。たまらんね!

起きていること自体はイチャラブじゃねーか!と思わなくもないんですが、真昼は観賞用で異性的に好きという感覚を(まだ?)持ってない。という周視点で語られるこの絶妙な距離感だからこその甘々さ。

最初は義理から始まった関係が、日常生活を経て少しずつ縮まっていく。未だ恋に至らないからこその魅力。

 

長くは続かないからこそ魅力的なのにもっと見ていたいと矛盾に悶える!

 

中盤以降今の関係を続けていきたいからこそ、お互い異性として惹かれていることは確かなのに「そんなことないって」と、自分に言い聞かせてるのもまたもどかしい!

確かにね!好意ではなく厚意で夕食を作り、一緒にご飯を食べたり家事をしたり買い物したり楽しくて心地よい関係性が「異性として好き」に変わってしまう怖さはあるよね!

だからこそ友達に二人の関係性がバレそうになるとこはすっごいハラハラした。

んでもってクリスマスの日はもう疑いようがないでしょう…なにこの夫婦感。

 

現状関係がゆっくり深まっていくところだけで背景に潜むアレコレは見えてきませんが、今後この関係性の変化が怖くもあり楽しみでもあります。

 

堪能した…。☆5つですわ…。

内容もそうなんですけどイラストのマッチ具合もすごくない?

正直表紙買いな部分もありました。

 

続きも期待しています。

クラスメイトが使い魔になりまして

クラスの美少女を侍らせてみたい。
誰もが一度くらいは考えるんじゃなかろうか。でもまあ、正直オススメしない。
落ちこぼれ魔術師の俺、芦屋想太には藤原千影という使い魔がいる。彼女は魔術師の名門出身で、ついでに誰もが憧れる学年一の美少女だ。
え、羨ましい? まじか、じゃあ譲ってやるよ。
まず、こいつはご主人様に求める理想が高い。負けん気が強く、中々反抗的で、絶望的に貧乳だ。
それでもいいならぜひ引き取って……あ、うそ! 許して、藤原さ―――
この物語は主従関係からはじまる、ふたりの恋(?)のヒストリー……らしい。


ポップなラブコメに見せかけて実はヒロインたちの愛が結構重い…。


予想以上にちゃんと魔法学園モノ。
起きてること自体は割りと深刻なんだけど、主人公が態度も口も吹っ切れてるおかげで陰鬱な雰囲気がぶっ飛んで「おや?これはもしかしてギャグなのか?」と軽快にスラスラ読める。
この主人公、自分で言うように実力自体は大したことないのに、とにかく口が回る。
全く敵わない魔人や絶体絶命のピンチを前に吹っ切れて、罵倒するわ煽るわ口撃のマシンガンが炸裂。かと思えば手の平クルーして命乞い。
口撃と変わり身の速さは一級品や!

でも思考回路は至極真っ当で、後に語るヒロインたちと比べると実は一番まともだったりする。


そしてヒロインズ。
主人公を過大評価しまくるところに違和感がありましたが、理由はすぐ推測できるし主人公とのやり取りが面白いので全然不快さは感じなかったですね。
それよりも目立つのはそれぞれの主人公への愛が拗れっぷり。
メインの千影は偶然使い魔になってしまった不幸を嘆く風を装ってガンガン外堀埋めてくるし、生徒会長は外的排除性ヤンデレだし、幼馴染メガネっ娘は悪友を装って距離感近付ける痴女。
唯一まともそうな親友(♀)も、あからさまな好意があるけどここまで来ると絶対やべぇヤツだと邪推してしまう…。使い魔がサキュバスだし。
そんでもって魔人さん。思いっきりメンヘラちゃんじゃないですかやだー!

でもそんなめんどくさそうなところが魅力的。いいぞもっとやれ!


とりあえず1巻でちゃんと一段落着いて、物語としてはここからようやく始まるって感じなのかな。
主人公を巡ってヒロインたちや各陣営が動き出すんでしょうけれど、魔人さんにはまた出てきて欲しいし、主人公とヒロインたちの掛け合いはこのまま続いていってほしいな。
とりあえず続刊は決まっているようなので期待。

弱キャラ友崎くんLV.7

 

  

弱キャラ友崎くん Lv.7 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.7 (ガガガ文庫)

 

 

そして、舞台の幕が上がる。
掛けられた言葉。誠実の意味。向き合った、彼女の気持ち。
俺をとりまく環境の変化は劇的で。
けれど、そんなことはお構いなしに時間は進んでいく。
文化祭の準備もいよいよ佳境。
演劇の練習が、ついに始まった。
登場人物と演者のイメージを近づけるため、俺と菊池さんは「日南の過去」を取材することになるのだが……?
俺の、俺たちの―――。
一度きりの文化祭が、幕を開ける。

 

友崎くんの成長具合が半端ねぇ…。

今回はある意味『第一部完!』というべき展開。その区切りに「理想と感情」という作品のテーマがこれでもかと明確化されてて惹き込まれた…。

周囲から期待された役割的な意味での「理想」と、自分はこう在りたいという「感情」に悩むキャラ達。

これぞ青春、これぞ思春期。

その悩みは苦しいし、辛いよねぇ。でも目を背けないで自分の在り方を探そうとするのはその時分にしかできない貴重な体験だし、とても綺麗。

 

求められる「理想」は確かに重要なんだけど、結局は自分の意思「感情」が原動力だから、どっちかだけではダメなんだよね。「理想」だけで「感情」を殺し過ぎると自分で歩く力が養われなくなっちゃう。逆も歩き方がわからず暴走してしまうだけ。

この話はリアルで大事。10代半ばにどれだけここで悩むかで今後の人生が変わる。

 

閑話休題

ホントに1巻のころからは考えられない程、友崎くんの進化っぷりがすごい。

振る舞いやスキルによって戦い方を理解したとはいえ、本当に大切なことを見失わず動くべきときに動いて決めるべきときに決断できるのが彼の魅力だと思う。

みみみも菊池さんも他の現在進行形で悩んでいるキャラ達からしてみれば、そこから前に進むと決めて歩き出した友崎くんが眩しく見えるのも納得。

変わる、というよりも歩き出して進んだ結果の姿というのがぴったり。

 

オチというか、友崎くんが選んだ人については意外性はなかったんだけど、みみみと菊池さんの行動がとても心に刺さる…。

選ばれた娘、選ばれなかった娘どっちも良い娘で・・・。修羅場好きなワシでもこの二人の修羅場は見とうないな。(でもちょっとこの二人の接触はもっと増えてほしい)

どっちもすごい良い娘だからどっちも幸せになって欲しいって思えるのは良作ってばっちゃが言ってた

肝心のラスボスさんの情報集めも同時進行でしたけど、こっちは不穏な気配しかしない…。前巻の過去編もだけどこの人だけ拗れ具合が半端なくないっすか…?

ラスボスさん、実は一番根っこがめんどくさそうで、それはそれで好き。

 

正直ここまでスッキリと話が進むとは思ってなかった。もっと拗れると思ってた。

けどなんとなーくここからが問題な気がするんだよなぁ。

トラブルの種とか問題があまりないのが逆に心配というか。

第二部がどうなるのか、心配しつつも楽しみです。

 

魔弾の王と凍漣の雪姫2

 

魔弾の王と凍漣の雪姫2 (ダッシュエックス文庫)

魔弾の王と凍漣の雪姫2 (ダッシュエックス文庫)

 

 

ブリューヌ、ジスタート連合軍によるムオジネル侵攻は、失敗に終わった。
アルサスに帰還したティグルだが、国王からの密命を受けてジスタートへ向かう。
愛するミラとの再会を無事に果たし、オルミュッツを訪れたティグルを、新たな出会いが待ち受けていた。
ミラと険悪な間柄で知られる戦姫“銀閃の風姫”エレオノーラが来ていたのだ。
一方そのころ、北西の王国アスヴァールは、ジスタートに野心の牙を向けようとしていた。
そこには、戦による混乱と流血を望むブリューヌのガヌロン公爵と、そして魔物の影があった。
黒弓と竜具に導かれるティグルとミラの運命は…!?
新たな魔物との戦いが幕を開ける!!

 

ティグル、前よりもイケメンじゃない?

 

1巻の時も思いましたけど、良い意味で欲を持ったことでティグルの印象が全然違う。

前作の「魔弾の王と戦姫」を読んだのはだいぶ前だから微妙にあやふやだけど、「戦姫」の時も良い主人公ではあったけど、そこまでしたたかなイメージはなかったんですよね。

「凍結の雪姫」版のティグルは隙あらばミラとイチャつこうとするスケベ心もあるし出世欲もあって人間臭さが感じられる。個人的にはこっちの方が好みだなぁ。

ブコメだと好意にちゃんと気付く・行動できる主人公だと速攻で話が終わっちゃいますが、ファンタジー戦記モノだと主人公の行動原理がわかりやすいし感情移入しやすい。動乱の世なんだからある程度欲深い方が面白いよね。

とは言え、エレンやソフィーに見惚れはしても「ミラ一筋!」を崩さないのは大事!

戦記モノで浮気とか死亡フラグに他ならない…。まぁ、だからこそティッタの立場がないのは仕方ないよね。残念ながら今回のティグルには頑張っても側室になれるかどうか、しかも本当にお情け、って感じなのは可哀相だけどホントに仕方ない。

 

話としては、完全に「戦姫」とは別物になってきた感じ。

「戦姫」よりも戦記成分控えめでその分ファンタジーに寄ってきてる?

本格的に話が動き出していない分しかたないのかもしれないですが、今のところ局所的な戦か魔物退治中心ですし。エレンとの邂逅だったりは「戦姫」を彷彿とさせるシーンがあるけど、そろそろ完全に別物として話が進みそう。

 

安定して楽しめますね。

冒頭でも書いた通り、ティグルの変化によって随分と話筋が変わって面白くなってきた。最後の選択も結構意外でした。たぶん「戦姫」だったら選ばない選択肢だったろうし。話が一段落つくとこまできたら、日常的なシーンも読んでみたいところ。

次も期待しています。

 

 

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)

部活はなし、勉強も授業中に全力集中、友達付き合いはどこか他人事――高校生・新垣日向の放課後は両親の手助けと最愛の妹・蕾の育児のためにある。……学年のヒロイン・芹沢悠里が彼の子守り事情を知るまでは。
兄妹仲の良さと学校とは違う活き活きとした日向に魅了された悠里。放課後は新垣家に行き、週末は3人でデート。さらに天然陽キャ女子・恵那唯やクール系美少女の後輩・上月日和も絡んできて、日向の放課後は一気に賑やかに!「私は日向君に楽しい学校生活を送ってほしい」「“師匠”って呼ぶね!」「好きです、先輩のこと」

蕾ちゃんが天使

妹の世話に全力を尽くす男子高校生の青春。

タイトルに偽り無し!

「妹の世話する俺カッケー!コミカルラブコメ」路線で来ると思ってたら予想以上に真面目な話で驚いた。
とは言え「家庭崩壊!俺が妹を護るんだ…!ドシリアスドキュメンタリー!」みたいな悲壮感溢れる話でもなく
真面目に高校生で子供(妹)を育てつつ、自身の青春を見直すというのが本筋。

テーマは結構重めなのにちゃんと青春モノとしての葛藤や悩み、爽やかさが感じられる良作。
作者も書いてる通り妹の蕾ちゃんがあり得ないくらい良い子ということと、主人公の日向くんが聖人だからこそではありますね。
別にそれで話が薄っぺらくなる訳では無いですし。
学費(金)の重さだとか子供の危うさ、親の有り難みを理解してる男子高校生はファンタジーではありますが
そこに気付くシーンは中々に説得力があった。子供って危険を理解していないから危ないことをためらいなくするし、怖い話ですが簡単に命を落とすこともあるんですよね…。


日向くんの魅力は自分の意志で妹の世話することを選んでいるとこだなと。
親は何しとんねん!と最初は思いましたが、別にやらざるを得ない立場にあるってわけでもなく、日向くんはむしろ自ら望んでるのが意外だった。
別に年相応に普通の青春を送ることを否定してもいないし、ただ自分が家族の一員としてそういう役割を担いたいというスタンスなだけなんですよね。
親のスタンスも、申し訳なさを感じつつ日向自身に自分の道を考えさせるモノだったので理不尽さも感じなかったなぁ。

そんなストイックな日向も悠里と出会って、年相応の青春らしい甘酸っぱい体験をして改めて自分はこのままでいいのかな?と思い悩むのも青春だなぁ!
決して何が悪いというわけでなく自分が何を選ぶのか?その先に何があるのか?そういった青春らしい悩みを通して成長していくある意味青春モノとしては王道は外さないとこ、好き!



☆4つ。思ってたよりちゃんと悩んで、甘酸っぱい青春してた!
1巻だけだとラブは控えめですが、芽はすっごいあちこちにあってこれからが楽しみ。
もちろん「子守男子」という魅力もまだまだみたいところ。ベタですけど蕾ちゃんに異性の友達ができる、とかも面白そう…。

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを5 (ファンタジア文庫)


「小市民さん、そのナイトを誰にも渡さないでいただけませんか」

冬がすぐそこまで迫る頃。昼間営業に戻ったユウの店は実に穏やかだった。気がかりなのは、治療魔術師になるための勉強で忙しいリナリアとの空いた距離。そんな折、次々とユウにチェスの勝負をしかけてくる輩が現れ? 

アイナ回、または集めれば願いが叶うチェスセットを巡って強者どもが戦うバトルシティ編(嘘)。



いつもの喫茶店の雰囲気とはちょっと変わってユウが男を魅せる回。

女の子に頼まれたのなら仕方ないね。

前々から引き継いでいた"夢"について、
諦めと選択、あとは覚悟かな?を中心としたお話でした。
アイナの葛藤に揺れる部分には引き込まれたなぁ。普段が賑やかな娘だし、貴族としての務めに覚悟が決まっているように見えていたからこそ、この葛藤は刺さる。
そして異世界に来て様々な経験をしたユウだからこそ、アイナに選ばせることが出来たし、その勇姿はカッコいい。

ただ、多くの人を支えるユウの心が、救われないのがもどかしい。
異世界住人たちはとても心優しいんだけど、"異世界人"であるユウの心の壁を越えるまでに至らない。
リナリアが唯一、そんな彼の実情は知り得なくとも寄り添えたけれど、彼女の夢と居場所のことを考えると難しいよねぇ。
異世界にも愛着が湧き、故郷への想いとの板挟み、これは苦しい。

どうにもスパッと解決できないことばかりだけど、彼も救われて欲しいところです。


いやぁ、堪能した。
早く、早く次が読みたい。